トップページ公園のご案内キャンプ場イベントカレンダー空き状況ニュースレターお問合せ
トップ >> たいぶさごよみ
たいぶさごよみ
2019年9月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
アーカイブ
アナグマ調査の映像
岬レンジャー 闇夜のアナグマを追いかけろ! で仕掛けたセンサーカメラですが、
しっかりとアナグマの姿をとらえることが出来ました。
場所は、ロイヤルホテルの裏から海岸へ降りる道の途中です。

報告①
センサーカメラを仕掛けてから翌日の夜、アナグマがやってきました!

報告7.28 20.36
 

どうやら、ロイヤルホテル裏の散策路をしっかり使って歩いているようです。

向かっている方角はロイヤルホテル側から湧水池側に向かって歩く場合が
多いようです。

急におしりをつけて座ったり、地面を一生懸命掘ったりとかわいらしい動きの撮影にも成功!

 

報告8.30 20.57報告7.28 20.37
 

3週間くらいの設置で、4回アナグマが通っていることがわかりました。
また、通る時間は19:30~21:00と早朝日の出前であることがわかりました。

設置した場所がアナグマの巣穴に近いことから、もしかしたら日が沈んでから
食べ物を探しに森に入り、日がのぼる前に巣穴に戻ってきているのでは、
ないのでしょうか。

 

報告8.3 20.57
 

ナイトハイク中に湧水池付近に行ってみるともしかしたらアナグマに会えるかも!?

大房岬ビジターセンターでは、アナグマの調査を行っております。
かわいらしい写真やおもしろい発見がありましたら随時ご報告していきます。
 
2016 / 8 / 20  by 管理人
一度は見てみたい!セミの羽化シーン
最近、街中ではあまり見られなくなったセミの羽化。

大房岬では、夏の始まりから終わりまで見ることができます。

IMG_3371
薄い黄緑色の羽化したてのセミの幼虫。

大房岬では、7月の中頃から小さなニイニイゼミの羽化。中くらいのヒグラシ。

大きめのミンミンゼミ、アブラゼミの羽化と続いて数種類のセミを見つける

ことができます。

セミ_羽化
セミの幼虫が土の中から、羽化する場所まで移動を始めるのは日没前後。

羽化をし始めるのは7時30分から8時30分の間が多いようです。

観察する日の日中にセミの抜け殻が多い場所にポイントをしぼっておくのが

幼虫を見つけるコツです。

夏休み期間中は、スタッフのガイド付きのナイトツアーも開催中!

セミの幼虫もすぐに見つけられるかも!?

 

 

 

 

 

 
 
2016 / 7 / 26  by 管理人
岬レンジャー 海の生きもの調査隊 開催しました!
5月15日の日曜日に平成28年度岬レンジャーの1回目の「海の生きもの調査隊」を開催しました。

定員いっぱいの10名の子ども達に集まってもらい海へ出発!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
みんなでおそろいのレンジャースカーフを巻いて調査開始!

タイマイ浜の磯場にいる生き物を捕獲しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
なんと、女の子が一人で大き目のお魚をゲット!すごいです!

IMG_0454
午後からは、ビーチコーミングをしてどんなものが打ちあがっているのを

調べました。

IMG_0453 2
みんなタカラガイやなぞの落ちているものに夢中でした。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
あっというまの一日で、みんな動き回って少し疲れていましたが、

イベント中に他の利用者の人に生き物のことを教えたりと

「岬レンジャー」の役目をはたしてくれました!

 

次回は、7/27(水)「闇夜のアナグマを追いかけろ!」夜の活動になります。

ご予約は随時受付中です!

 

 

 

 

 

 

 
 
2016 / 5 / 16  by 管理人
園内にウミガメが漂着しました。
ウミガメ調査
3月中旬に地元の海人(あま)さんから連絡を受けていた漂着したウミガメ。本日、千葉県の許可をもらい調査をしている団体の方に調査と処理をしていただきました。

頭からしっぽまでの甲らの大きさが74cm。小さい子どもなら乗れるくらいの大きさのアカウミガメでした。腐敗が進んでしまい、オスかメスかはわかりませんでしたが、解剖をしていくとお腹の中に発泡スチロールが!

結局、死んでしまった原因などはわかりませんでしたが流れ着くウミガメからもいろいろなことがわかるそうです。

子どもを産めるようになる年も不明など、まだまだわからないことの多い海の動物で、たくさんの人が調査研究をしています。

ウミガメは特別な許可がないと、生きていても死んでいてもさわることができない動物になっています。もし、大房岬で見つけたらさわらないでビジターセンターまでご連絡下さい。
 
2016 / 3 / 26  by 管理人
さくらの季節もすぐ目の前です。
IMG_2485
暖かな早春の日差しを受けて、桜のつぼみも少しずつ膨らんできています。

毎年、3月下旬から4月上旬に見ごろを迎える大房岬の桜。

園内には約250本の桜があります。運動園地と西芝生園地、海岸園地に集中していて

それぞれの場所で楽しみ方も違います。(写真は現在の海岸園地の桜)

event_69_0
そんな大房岬の桜の季節を楽しむことができるイベントが「さくらフェスタ」。

今年は4月2日(土)に開催を予定しています!フリーマーケットやクラフト体験コーナー、
ステージイベントのたてやま村歌舞伎保存会「子ども歌舞伎」が岬を華やかに彩ります。

ご家族やお友達でのご参加お待ちしております。入場料、駐車場利用料は無料となっています。

(詳しくはこちら:http://taibusa-misaki.jp/event.cgi?id=133)
 
2016 / 3 / 02  by 管理人